産婦人科の通院でイラッとしたことは実は意外な事

婦人科系の病魔の施術の結果、産婦人科に通っています。里で有名な産婦人科だ。その日は土曜日だったということもあり、特に混雑してました。ウエイティングルームでは、立ってる妊婦氏もいらっしゃいました。とある妊婦氏が3才くらいの小児を連れて来院していました。妊婦氏は座って小児は立っていました。その妊婦氏の夫人の右手となりには別の妊婦氏の付き添いと見える高齢の女子が座っていました。驚いたことにその女子は、その妊婦氏の左側となりに座っている患者氏に「こどもを立たせるなんて不憫でしょ。ダグアウトをゆずってあげなさい」と話しかけました。おとなしそうな患者氏で、「すまん。以上心がけます」と言いながらダグアウトをのぼりました。さらに驚いたことに、小児のママは、その譲ってくれた患者氏には御礼を言わず、高齢の女子にだけ御礼を言いました。患者氏より付き添いの人が優先して陣取るのが適切と考えている人たちを見て、イラっとしたと同時に、有名な産婦人科なのに混雑ときのウエイティングルームの使い方に対する心配り話しかけも乏しい現状に虚しくなりました。君たち、どうか産婦人科の付き添いの場合は、患者氏優先で座れるような心づかいをお願いします。やれるアプリを使ってエッチしまくるには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です